My Serbia(マイセルビア)

セルビアの美・食・住の情報が集まるライフスタイルマガジン

家の庭を歩いたらハーブ7種類を見つけた【セルビアの田舎体験記・第2回】

大自然に囲まれて暮らす

首都のベオグラードから車で約4時間。セルビア南西部にアリリェという小さな町があります。ここが私の妻の生まれ故郷で、毎年夏には長期の休みを取り、この町でゆっくりと過ごすのが一年の楽しみです(今年は新型コロナウィルスの影響で泣く泣く断念)。

町と言っても、妻の実家は郊外にあり、標高600メートルほどの山々に囲まれています。まさに田舎と呼ぶにふさわしく、近隣住民は「あの丘を越えたところに住んでいる」というレベルです。当然、周辺に街路灯はないので、夜になると真っ暗に。何も見えません。ただ、頭上には満点の星空が広がります。夏は天の川がよく見えます。

実家に滞在中は家の手伝いをしなければいけません。鶏にエサをあげたり、畑の野菜を収穫したり、庭の雑草を刈ったりと、普段東京に住む私にとってはどれも新鮮な体験で楽しいのですが、それも最初の方だけで、毎日続くと意外と大変です。一番の重労働は薪割りです。セルビアは夏が終わると急に寒くなります。夏の終わりに、暖を取るための薪を用意しておく必要があるのです。上手に薪を割るためにはコツがあるらしく、義母は難なく作業を進めていきます。私は力任せに斧を振り下ろすだけでうまく割れません。義母は「経験の差ね」と笑います。

実家の周辺風景。のんびりとした時間が流れます
庭のあちらこちらでハーブを発見

本題に移りましょう。実家は庭が広いので、人の手が入っていない雑草だらけの場所がいくつかあります。しかし、目を凝らすとそこには薬草やハーブが自生していることに気づきます。妻の家族は見向きもしませんが、自然大好きの私は黙っていられません。今回はその庭で見つけた7種類をご紹介します。写真撮影は6月~9月です。

ちなみに、セルビアの家庭料理にハーブが登場することはあまりありません。義母は田舎育ちで料理に関してはかなり保守的で、ハーブを料理に入れるという発想すらありません。私は「庭にハーブが咲いているのにもったいない」と思いますが、義母としては「庭に雑草が茂ってうっとうしい」という感覚のようです。

とはいえ、セルビアではハーブはハーブティーの原料して大変重宝されているのも事実です。体調を崩したとき、ほっとひと息つきたいときによく飲まれます。ただし、自宅で自家製ハーブティーを作ることは珍しく、青空市場や薬局で袋詰めされたもの、市販のティーバッグを買って飲みます。


【カモミール】ハーブティーの一番人気。ストレス軽減やリラックス作用もあるので、日常的に飲まれます。
【ミント】こちらもハーブティーとしてよく飲まれます。気管支を改善すると言われ、一家に一箱は常備されています。ミントは繁殖力が旺盛で、庭の景観を損なうので、ガーデニングには好まれません。
【タイム】セルビアでおそらく一番よく見られるハーブ。乾いた土地を好み、道端に自生しています。
【セントジョーンズワート(オトギリソウ)】不安を取り除くハーブと言われ、日本でもサプリメントが売られています。セルビアでもよく親しまれていますが、実物を見ても「ただの花」と言うでしょう。名前を言える人は少ないと思います。
【ヤロウ(ノコギリソウ)】傷を治すハーブとして知られ、セルビアでは「山賊のハーブ」と呼ばれます。山賊が治療のために使用したと言われています。庭先で普通に見られるので、セルビア人にとっては確実に雑草の部類に入ります。
【ネトル(イラクサ)】前回のコラムでも紹介しました。セルビア語で「コプリヴァ」と言います。細くて柔らかい毒性のトゲがあります。スープやパイの材料として食用に使われるほか、シャンプーや石鹸の原料にもなります。セルビア人にとって、このような葉の形状の植物はすべて「コプリヴァ」です。日本のシソを見せたら「コプリヴァ」と必ず言うはずです。知り合いにセルビア人がいたら、シソの画像を送ってみましょう。
【チコリー】青色の花が咲かないと存在すら気づきません。イタリアでは「ラディッキオ」「トレビス」と呼ばれる栽培種が料理に使われます(芽の部分)。セルビアでは野生のものがよく見られますが、料理に使うことはめったにありません。

いかがでしたか。セルビア山間部にある家の庭には、実に多くの薬草やハーブが狭い範囲で自生していることが分かります。セルビアがハーブ大国であることもうなずけます。私が少し驚いたのは、セルビア人は身近な植物についてあまり興味を示さないこと(これは花、虫、鳥にも言えます)。妻も義母も「名前を知らなくて当たり前」で「日本人が詳しすぎるだけ」とのことです。テレビや書籍で大きく取り上げられる日本とは大違いです。

以上、庭先に咲くハーブのご紹介でした。日光を浴びながら屋外のテラスでのんびりと過ごしたり、四季折々の表情を見せる庭を散歩したりするだけで、とても穏やかな気分になれます。ハーブに囲まれた田舎暮らしは、都会では味わえない至福の時間を与えてくれます。


文/小柳津 千早

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets